東北関東大震災には、驚きました。
被災地の一日も早い復旧を祈ります。
災害が起こると、自衛隊・警察・消防の方々が不眠・不休で活動してくださいます。
感謝、感謝です。ありがとうございます。

散歩
自宅近くの多摩川の支流、浅川の散歩道です。
11階の我が家は、地震時にはエレベータが使用できないのと、
電車も運休していますので、自宅に閉じこもっていました。
久しぶりに朝、歩いてきました。
外の空気はおいしい
誰もが、安心して外気を吸えるようになって欲しいと思います
2011.03.15 Tue l 散策 l コメント (1) トラックバック (0) l top
2011年3月14日 午前7時30分
朝、駅の方からハンドマイクの声が‥‥並ぶ
JR八王子駅は電車が運休しているようで、京王八王子駅に行列
計画停電の情報はあったのでしょうか?
駅構内は、入場制限している様子。
皆さん、携帯片手に並んでいます
2011.03.14 Mon l 近況 l コメント (0) トラックバック (0) l top
2011年3月11日 午後2時46分
自宅で、本を読んでいましたら、突然の揺れ
とっさに玄関のドアを開け、リュックに物を入れ始めました。
リュック
現金・通帳・カード・帽子・手袋・ポットの湯を水筒に移し・クッキー・懐中電灯・テッシュ・一回分の着替え・洗面用具そしてサランラップ(サランラップは地震体験者が必要だったと言っていたように思い出し)
本来は机の下等にもぐって落下物を防ぐといわれていますが、
リュックを背負い、部屋をうろうろ。
今思うと動き回っていました。
14日から下北半島のツアーに行く予定で、バッグに入っていたのを移し変えたのが多かったです


幸い、我が家は落下物もなく、異常は無かったですが、自分の行動が分かりました。
2011.03.13 Sun l 近況 l コメント (2) トラックバック (0) l top
2011年3月4日
「いきるちから」府中美術館

府中美術館
人が生きるとは、どのようなもなのでしょう。
3人の芸術家による作品が展示されています。

私がショックを受けましたのは、木下晋氏の作品。
盲目の旅芸人の瞽女の小林ハルさん、元ハンセン病患者の桜井哲夫氏などをモデルにして全て鉛筆で描いています。
数奇な運命を生きた人がモデルで、鉛筆の白黒だけで書く大きな作品は、力強く訴えてきます。
自分がぬくぬくと生きてきたようで、重くのしかかってきました
2011.03.04 Fri l 観賞 l コメント (3) トラックバック (0) l top