2005年1月13日~21日  
成田空港(9時間30分)→ロサンゼルス(8時間20分)→リマ→クスコ(標高約3360M)→マチュピチュ(標高約2460M)→プーノ(標高約3890M)→チチカカ湖(標高約3812M)→リマ→イカ→ナスカの地上絵→リマ(7時間35分)→ニューヨーク(13時間55分)→成田
リマクスコ(標高約3360M)飛行機でいっきに標高が高くなるので辛い
アルパカ
まちぴち

マチュピチュの方が標高が下がるので少し楽になる湖季節は雨季なので緑がきれい。スコールのようにザーと降るがすぐにカラッとするので、観光中は降られず。なすかさるコンドルナスカの地上絵、宇宙人とハチドリウロス島ウロス島。トトラという植物で作られた島。ふわふわとした地面(?)で湖に浮かんでいる。学校と先生と生徒チチカカ湖標高高い
世界一標高の高い駅(4319M)
ウマヨ湖
じゃがいも土(?)をつけて頂くジャガイモ、美味しい。歩いていたら民家があり、そこで頂く。
今回標高が一番高かったのがラ・ラヤ(4335M)、国内線がストになり急遽バスでの移動になったりと、体力のいる旅でした。行って良かった!!二度と行けないでしょう。






2010.04.20 Tue l 海外旅行 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://takeyanblog.blog93.fc2.com/tb.php/14-62a72b52
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)